撮影技術
ホーム > 撮影技術

撮影技術

診療放射線技師の皆様へ。一般撮影のワンポイントアドバイスをご紹介いたします。

ステンバース(45°ver)

  • 1)坐位推奨

    1)坐位推奨

    回転する丸椅子等を使うと、さらに微調整がやりやすいです。

  • 2)顎を引かせてOMを水平にする。

    2)顎を引かせてOMを水平にする。

    照射野ランプを点けて確認。この時、矢状面を垂直に保つ事。

  • 3)椅子に対して、45°の角度で検側をリーダーにつける。

    3)椅子に対して、45°の角度で検側をリーダーにつける。

    図参照

  • 4)参考画像

    4)参考画像

肩関節腔

  • 1)肩を上から触り、上腕骨骨頭の体躯側の関節を親指と人差し指で確認する。

    1)肩を上から触り、上腕骨骨頭の体躯側の関節を親指と人差し指で確認する。

    親指と人差し指を結ぶ線を中心線に対して垂直にする。

  • 2)腕を曲げさせカラダにつける。

    2)腕を曲げさせカラダにつける。

    頭尾方向に13°~15°振り、写真の親指の内側くらいを中心として照射する。

  • 確認中

    3)参考画像

肩関節スカプラy

  • 1)リーダーに対して、斜めに立たせる。

    1)リーダーに対して、斜めに立たせる。

    上腕骨頭の中心をリーダーの中心に合わせる。

  • 2)頭尾方向↘(13°~15°)に、管球を振り

    2)頭尾方向↘(13°~15°)に、管球を振り

    高さは、下の写真の親指くらいのところに入射する。

  • 3)この時、右手で上腕骨頭の中心をキープしつつ肩甲骨の内側縁を確認して中心に合わせる。

    3)この時、右手で上腕骨頭の中心をキープしつつ肩甲骨の内側縁を確認して中心に合わせる。

    ※この時、お腹を抱えるようなポーズにすると、 肩甲骨が、少し外側にスライドして、撮影しやすくなります。 (真後ろに立って、リーダーの縦線・上腕骨頭の中心・ 肩甲骨の内側縁の3点を一直線に並べる)

  • 4)参考画像

    4)参考画像

    猫背やスマホ首(テキストネック)など前傾があると、うまく出ない場合があります。3点を合わせる直前に「胸をはって下さい」と、一声をかけると、再現性も向上します。
    ※あまり時間をかけると、ズレが生じてきます。

膝関節側面

  • 1)検測側を下にして、非検測側の膝をできるだけ曲げるか立膝にしてもらう。

    1)検測側を下にして、非検測側の膝をできるだけ曲げるか立膝にしてもらう。

    枕・腰の回転により膝蓋骨をカセッテに対し垂直にする。

  • 2)足首をタオル等であげて、膝蓋骨の縦軸をカセッテに対して水平にする。

    2)膝蓋骨を正面から観察して、カセッテに対し水平にする。

  • 照射位置は、脛骨結節の皮膚表面側を中心とする。

    3)脛骨を触り、へこみが確認できる場所に入射する。

    赤い点は、入射点です。

  • 4)参考画像

    4)参考画像

    赤い点は、入射点です。

スカイライン

  • 1)足をあげる。

    1)足をあげる。

    色々な、撮影方法がありますが、箱を使う撮影が一番安定した撮影方法だと思います。
    箱がない場合、発泡スチロールやいらなくなった本等で足をあげます。
    坐位にて撮影する方法もありますが、被爆を考えると臥位推奨です。

  • 2)膝蓋骨の角度(側面から)

    2)膝蓋骨の角度(側面から)

    上の写真では、膝蓋骨が斜めに向いているので、下の写真のように踵を上げて膝蓋骨を水平にする。

  • 3)膝蓋骨の角度(上部から)

    3)膝蓋骨の角度(上部から)

    上の写真では、膝蓋骨が外側に斜めに向いているので、足を内転させて下の写真のように膝蓋骨をまっすぐに保つ。

  • 4)参考画像

    4)参考画像

舟状骨近位

  • 手を広げ、人差し指を指標として撮影

    1)ポジション

    手を広げ、人差し指を指標として撮影
    手のツボ合谷(こうごく)あたりに正面から30°の角度にて撮影

  • 舟状骨が、きれいに抜けて見えます。

    2)参考画像

舟状骨遠位

  • 1)ポジション

    1)ポジション

    手を広げ、親指を指標として撮影
    手のツボ合谷(こうごく)あたりに正面から30°の角度にて撮影

  • 舟状骨が、きれいに抜けて見えます。

    2)参考画像